イソフラボン効果でスキンケア

イソフラボンは大豆から取れる優れた成分です。
女性ホルモンに似た働きから、更年期障害に使われるのが良く知られていますが、美しい肌を作る効果もあるのです。
私達の肌、1年中エアコンが効いた部屋で乾燥し、日常生活のストレスからも傷ついたり、トラブルを起こしがちです。
イソフラボンを配合した化粧水やローションを使って美しく白い肌に変える事が可能です。

(1)抗酸化作用が肌のターンオーバーで美肌を作る
イソフラボンには高い抗酸化作用があります。
これは新陳代謝を高めて、体の中の古くなった細胞や老廃物などを体の外に排出する働きです。
私達の体には活性酵素と言う物質が生まれ、これが細胞を老化させて老化現象を起こします。
抗酸化作用はこの活性酵素の力を弱めて、新しい細胞を作っていくのです。
抗酸化作用の働きで肌が新しく生まれ変わり(ターンオーバー)、シミやソバカスなどの元になっている肌に蓄積されたメラニン色素を追い出して、くすみの無い綺麗な肌にしてくれます。

(2)女性ホルモンに似た働きが肌を白くする
イソフラボンには肌に水分を保つ高い保湿性があります。
また肌の弾力性を産み出すコラーゲンの育成を助けるので、しっとりとした張りのある肌にしてくれるのです。
コラーゲンが増えてくると肌がプリプリとして、それまであったシワが無くなります。
私達の体に生えている産毛を含む体毛は、男性ホルモンの働きで色が濃くなったり、密度が高くなったりします。
イソフラボンの女性ホルモンに似た働きは、この男性ホルモンの働きを抑えます。
体毛が薄くなっていくのです。
イソフラボンが配合された化粧水やローションを付けていると、産毛が無くなり透明間のある白い肌になります
イソフラボンの化粧水には以下の嬉しい美白作用があります。

●保湿性を高めコラーゲンを育成 → 肌が透き通って白く見える
●古いシミなどが自然になくなって綺麗になる
●産毛を始めとする体毛をなくす → 透明間のある白い肌になる

イソフラボンの効果は更年期障害の改善だけではないのです。
新陳代謝が高い子供たちの肌は、シミも無くプリプリしています。
イソフラボンが含まれているスキンケア商品を使う事で、同じようなぷりぷりの肌になれます。
そして毎日直接肌につける事で透明感がある美白を作り上げていくのです。

実際に多くのイソフラボンが配合してある化粧水http://www.thesoydaily.com/i005.htmlやクリームといった基礎化粧品に、イソフラボンは美白成分として使われています。
安心して使える美白成分として人気があるようです。