化粧品でイソフラボンをしっかり浸透

化粧品の中でもイソフラボンが配合してある物として、化粧水が有名です。
大豆から取れる女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン。
イソフラボンが配合された化粧水が美肌効果をもたらすと人気が出ています。
化粧水はスキンケアに使うもので直接肌につけるもの。
一体どんな効果をもたらしてくれるのでしょうか?

肌荒れまたニキビなどのトラブルは、肌の乾燥が原因です。
イソフラボンの化粧水は角質層の奥深くまで届き、水分を肌に引きとめる働きがあります。
保湿性を高めて肌の弾力となるコラーゲンの育成を助けます。
肌に潤いと与えそしてコラーゲンでぷりぷりの張りのある肌にしてくれるのです。

また、抗酸化作用で肌のターンオーバーを促進させます。
イソフラボンには高い抗酸化作用があります。
年齢を減ると共に私達は新陳代謝が遅くなります。
子供の頃は肌のターンオーバーも早くいつもぷりぷりの肌をしています。
ターンオーバーは古くなった、傷ついた細胞が体外に輩出され新しい細胞が出来ること。
しかし年齢と共にこのターンオーバーに時間がかかる様になります。
ターンオーバーに時間がかかると、以下のような肌トラブルが起きます。

●肌に残っているメラニン色素が沈着し、シミやソバカスになる
●乾燥や肌のトラブルになる老廃物が肌に残ってしまう

イソフラボンの化粧水のもつ高い抗酸化作用は、新陳代謝を高め肌のターンオーバーを正常に機能させます。
このことで肌がいつも新しい状態で美肌を作り上げて行くのです。

イソフラボンの化粧品を使うと、以下のような効果が期待できます。

●コラーゲンの育成で肌をぷりぷりに
●保湿性を高めて肌の乾燥を防ぐ
●メラニン色素を抑えてシミ、ソバカスの改善が可能
●肌のターンオーバーを早めて綺麗な肌を保つ

直接肌につける化粧水なので、その効果をすぐに実感できる事が人気の秘密のようです。
私達が食べ物として食べる大豆から取られるイソフラボンなので、子供から肌が弱いお年寄りまで安心して使う事が出来るのも嬉しいですね。

産毛が伸びたり、無駄毛が濃くなるのは男性ホルモンの分泌のせい。
イソフラボンは女性ホルモンに似ているので、男性ホルモンの活性化を抑えます。
そのため化粧水として使っていると、肌の産毛がなくなってくるのです。
そうすると肌に透明感が増し、美白肌に変わっていくのです。
美肌に美白両方共に効果があるってすごいですよね。