イソフラボン使用する目的

イソフラボンには美容と健康にいいとされる成分で、大豆の胚芽部分から取れるポリフェノールの一種です。
女性ホルモンに似た働きをする事が良く知られています。
このイソフラボン、更年期障害、美白効果、保湿効果と色々な効果をもたらします。

イソフラボンは女性ホルモンが少なくなる事で生じる、急に熱くなるホットフラッシュ、月経不順また頭痛や眠れないと言った症状に効果を表します。
これはイソフラボンには足りなくなったエスロゲンを補う働きがあるためです。
そのため女性ホルモンが減少する更年期に、イソフラボンのサプリメントなどが使われることが多いようです。

また、イソフラボンの効能の一つに、私達の骨に蓄えられているカルシウムが溶けるのを止める働きがあります。
更年期障害の一つでもある骨の密度が薄くなり、脆く折れやすくなる骨粗鬆症の予防や改善が可能です。

イソフラボンには強い抗酸化作用もあるので、美容にも効果が期待できます。
抗酸化作用は体の老化を防ぐ作用の事です。
肌に貯まっている老廃物や古くなった細胞を、新しい細胞に再生してくれます。
肌のターンオーバーを活性化してくれるので、肌に張りと潤いがあるきれいな肌になる効果があります。
肌に保湿性を蓄え、弾力を持たせるコラーゲンや、ヒアルロン酸を作る働きが活性化されるのです。
女性ホルモンと同じ働きがあるので、体つきがふっくらとしてくる、バストアップの効果もあり、美肌作用があるためにイソフラボンは美容クリームなどにも使われています。

他にもイソフラボンの抗酸化作用は生活習慣病にも効果をあらわします。
血液の中にある悪玉コレステロールを減らす働きがあります。
悪玉コレステロールは血管の中にたまってくると、血圧が上がったり、血管を硬く脆くなる動脈硬化を引き起こします。
イソフラボンを取り入れることで、高血圧、動脈硬化といった生活習慣病の予防をする事が可能です。

イソフラボンは納豆やきな粉、豆乳といった大豆の加工食品から取る事が出来ます。
しかし最も簡単に取れるのはサプリメントといえるでしょう。
ただイソフラボンの効果を期待し、たくさんの取ったからと効果が上がるわけではありません。
イソフラボンの過剰摂取はホルモンのバランスを崩す事になります。
イソフラボンの1日の摂取量は50mgと言われています。
豆腐半丁、納豆1パック、そしてきな粉であれば20gが目安です。