イソフラボンは女性に嬉しい成分が沢山

日本が誇る良質のたんぱく質、大地のお肉と呼ばれている大豆から取れるイソフラボン。
女性ホルモンに似た効果があるので、更年期障害のサプリだと思っている人が多いかも知れません。
しかしイソフラボンには更年期障害だけでなく、女性に取って有益な様々な効果があります。
どんな効果が得られるのか?調べてみましょう。

大豆イソフラボンの化学構造は女性ホルモンのエストロゲンにとても似ています。
そのため女性ホルモンと同じような働きをするのです。
このエストロゲンは女性にとって必要なホルモンです。
思春期に胸が大きくなるのも、妊娠して出産するといった人生の一大イベントも、エストロゲンなしでは行えません。

女性の社会進出、晩婚化などで出産年齢が高くなってきています。
それと同時に子供が欲しいけど妊娠できないと悩む女性が増えていています。
妊活は妊娠しやすい体をつくり、出産まで無事に乗り切ることですが、エストロゲンは子宮内膜を厚くし、卵胞を大切に育て、排卵を促す効果があります。
構造が似ているイソフラボンはこのエストロゲンと同じ働きをするので、妊活に使われるのです。

女性ホルモンが減少する事で色々と厄介な事が生じます。
女性ホルモンが急激に減るのは更年期。
生理が無くなる時期です。
更年期障害は人によって差がありますが、イソフラボンを上手く使う事で緩和させる事が可能です。

更年期は卵巣機能の低下から、女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が少なくなります。
そのために急に暑くなるホットフラッシュ、感情の起伏が激しく起こりやすくなる、また血行が悪くなり冷え性になるなどの症状が出てきます。
これは脳から発せられたエストロゲンを分泌せよという命令に対し、エストロゲンが分泌されずに混乱を起こすもので、イソフラボンを取る事でホルモンのバランスがとれ、更年期障害を緩和する事が出来ます。

他にもイソフラボンは骨粗鬆症の予防に効果があります。
私達の骨は代謝を繰り返し、古い骨が吸収され(骨吸収)新しく骨が作られます。
(骨形成)このバランスが崩れ骨が脆くなってしまうのが骨粗鬆症です。
女性ホルモンはこの骨吸収を妨ぎ、骨形成を促進する働きがあるのです。
しかし更年期になると女性ホルモンが減ってしまい、多くの女性がこの骨粗鬆症に悩まされます。
イソフラボンを取る事で骨吸収を前もって防ぐ事が出来ます。

また、女性ホルモンの減少は、中性脂肪やコレルテロールの増加をもたらします。
これはからだの中の脂肪が燃焼しづらくなり、痩せづらい体になってしまいます。
また中性脂肪やコレステロールの増加は肥満だけでなく、高血圧や血行不良、血管が硬く脆くなってしまう動脈硬化などを生み出します。
イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするので、メタボの改善やダイエットへの期待が出来ます。

イソフラボンにはリラックス効果、ストレスを解消効果があり、更年期に限らず、現代人には必須の栄養素です。
毎日の生活の中でも色々なストレスを抱えながら生きています。
ストレスは日常生活の中で睡眠不足や、運動不足またプレッシャーなどが原因で、ホルモンのバランスが取れない状態に発生しやすい物です。
イソフラボンを取ることでホルモンのバランスを保ち、リラックス効果やストレスを解消するという効果を期待できます。

また、イソフラボンが持つ高い抗酸化作用は、女性が気にしているスキンケアなどの美容関連に大きな効果をもたらします。
イソフラボンには美しくシワの無い肌を作るビタミンB群やビタミンEが含まれています。
イソフラボンには紫外線や乾燥でダメージを受けた肌を、再生する抗酸化作用があります。
新陳代謝を促し、肌を新しく再生してくれるのです。
女性ホルモンに似た働きをするので、ホルモンのバランスから起こる肌荒れや吹き出物にも効果を発します。
またイソフラボンには肌に潤いと弾力性を与えるヒアルロン酸やコラーゲンを作る働きもあります。
肌のターンオーバーを早め、潤いと張りがある美肌効果を持っているのです。
イソフラボンは女性にとって様々な効果をもたらす成分。
毎日の生活の中でイソフラボンが摂れる生活をしたいですね。