男性視点のイソフラボンの効果

大豆から取れるイソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをするので、更年期障害の緩和などに使われます。
しかしイソフラボンは、男性もいろいろな効果を得る事が出来るって知っていましたか?
男性ホルモンと女性ホルモンは、お互いに逆の働きをすることが多いです。
イソフラボンには、男性ホルモンが多く分泌されることで起こる、さまざまなことを緩和させる働きがあります。

60代以上の男性の6割が掛かるといわれている前立腺癌は、男性ホルモンのジヒドロステンの過剰分泌が原因です。
イソフラボンが持つ男性ホルモンの緩和機能が、シヒドロテスロンの育成を抑え前立腺癌の予防や改善に期待できると注目されています。

また、男性ホルモンが強いとひげが濃くなり、髪の毛が抜けてきたりhttp://www.indieking.com/doujisextusyu.html、薄くなってきます。
イソフラボンがもつ女性ホルモンに似た働きは、男性ホルモンの働きを抑え、抜け毛を防ぎます。
イソフラボンが薄毛や抜け毛に効果があることはよく知られており、実際に多くのサプリメントが抜け毛予防などとして使われています。
髪の毛だけでなく、ひげが濃い、胸毛がというのは男性ホルモンが多いという証明。
男性ホルモンのテストステロンの働きで、男性らしさを出す物です。
しかし最近はスポーツをする男性など、脚や腕の無駄毛をきちんと処理している人たちもいます。
いまや身だしなみの一つかもしれません。
イソフラボンはこの体毛を薄くしていきます。
また体毛が濃いと体臭の原因にもなりやすいです。
もともと汗を多くかく男性、なかでもに臭いがある汗をかく人は男性ホルモンが多いようです。
夏の時期、気になる汗の臭いなどもイソフラボンで緩和する事が可能です。

イソフラボンの構造は、実は男性ホルモンの構造にも似ています。
女性が閉経して更年期障害があるように、男性も年齢を経ると徐々に男性ホルモンが減少し、更年期障害のようなものが起きます。
性欲の減退と言った体力的な問題、集中力や記憶力の低下などそれまで問題なく出来ていた事が出来なくなったことで、精神的に落ち込んだり、自信をなくしたりといったことが出てきます。
イソフラボンを取る事でこのような状態を改善することも可能です。

男性がイソフラボンをとる場合に得られる効果は、やはりイソフラボンの特徴とも言える女性ホルモンの働きを利用するものが多いです。
男性も女性ホルモンを持っています。
量は男性ホルモンに比べるともちろん少ないですが。
過剰に分泌された男性ホルモンの緩和、それによって生じることへの改善、予防といった事にその効果が期待されています。

このように、イソフラボンの魅力的な効果は男女ともに実感できるのです。